勉強法あれこれ

2015年5月 5日 (火)

長期的な視点

指導で大切なのが長期的な視点に立って指導することです。

当塾では定期テストの過去問を配布していません。

学校のワーク、塾のテキストをしっかりやりこめば

定期テストで満点に近い結果を出すことができます。


それらのやりこみが不十分にもかかわらず

短期的な結果を追い求め、過去問ばかりやると

その定期テストは結果が出るかもしれませんが

「今の自分に何が足りなくて、どう勉強すればいいのか」

を考えることができなくなります。

【満席情報】

中学生 グループ指導 残席 各学年4名前後

中学生 個別指導 満席 (応相談)

高校生 個別指導 若干名募集

小学生 個別指導 曜日により満席あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

100人の塾長が語る

100人の塾長が語る100の勉強法という

ホームページに記事を投稿しています。

全国の塾長先生たちが語る

勉強法が投稿になっています。

私の記事も6月3日づけでアップされましたので

ぜひお読み下さい。

また他の塾長さんの紹介する勉強法も

是非ご覧下さい。

下記リンクです。

100人の塾長が語る100の勉強法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

対策講座開始

今日から期末テスト対策講座が始まりました。

中1の塾生にとっては初めての9教科の試験になります。

きちんと計画を立てていかないと間に合いません。

計画の立て方ですが、今日は国語~分、数学~分…

というやり方はあまりお薦めしません。

勉強の基本はできないところをできるようにすることです。

科目ごとに時間を割り振る意味がないのです。

このあたりを具体的に指導していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

リスニング

リスニングを苦手としている子は

多いと思いますが、リスニングだけが

苦手という子は少ないと思います。

要するに「リスニング」ができないのでは

なく、「英語」ができないのです。

まず単語がわからないと話になりません。

普段の単語練習の時からきちんと

発音を意識しているかが重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

体系的な理解

理科社会の暗記科目でなかなか覚えられない子

がいます。そういった子には2種類いて、

①そもそも覚える時間をとっていない。

②覚える時間をとっているのに覚えられない

というパターンに分かれます。

①の子は記憶の時間を取ろう!

で話は終わるのですが、

②の子の点数を上げるのは少し工夫が必要です。

というのも、②の子は体系的な理解、すなわち暗記項目が

全体のどの部分に位置づけられるかわかっていない子が

多いからです。

この場合、単に記憶させるのではなく、体系的な理解を

促す発問を繰り返して指導する必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

スキマ時間

部活の大会が迫ってきています。

塾生も勉強と部活の両立はなかなか

大変なようです。

ただ部活を言い訳にして確認テストの

合格点を下げるわけにはいきません。

何も机の前に座ってやる勉強だけが

すべてではありません。

言い古されてはいますが、スキマ時間を

有効に利用することで必ず道は開けて

くるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

反復

勉強に反復は大事です。

いかに反復を繰り返すかが勝負の鍵となります。

しかし

意味のない反復もあります。

例えば「武家諸法度」という漢字を、

読めないのにただノートに繰り返し書く、

difficultという単語を発音できないのに

ただ書き写している。

これではテストで1点も取れません。



「何」を「どう」反復すればいいのかを

きちんと考えながら机に向かう必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

7回

指導していて感じるのはどんなことでも

7回繰り返せば身に付くということです。

英単語・漢字を7日間繰り返し覚える。

同じ計算を7回身に付くまでやる。

国語や英語の教科書を7回音読する。

などです。

7回繰り返すために絶対必要なものが

学習時間です。

言い古されていますが、繰り返しこそ

勉強の王道なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

眠気

子供が家から帰ってきて夕飯を食べ、ついうとうと

してしまうことがあると思います。

眠いのに無理矢理たたき起こすのはかわいそうですが

その習慣を続けていくと、

いったん寝たので本来寝る時間に眠たくならない

→夜更かし

→朝起きられない

→学校に行っても眠くて授業を聞いていない

という悪循環に陥る可能性があります。

この悪循環を防ぐために、夕方に眠そうなときは20分で

起こすようにしましょう。本格的な眠りに入らないので

体温が下がらず、寝るべき時間にきちんと寝られるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月10日 (水)

字が小さい

算数や数学の計算が苦手な子のなかで

目に付くのが字がとても小さい子です。

1やら7やら本人しか区別できないぐらい

小さく書いています。

しかも小さな箇所にぐじゃぐじゃと・・・。

本来は小学低学年の時に直すべき

癖なのですが、誰も指摘する人がいなかったのか

そのまま中学生になり、直すのが難しくなります。

やはり低学年段階でしっかりノートの取り方を

身に付けることが重要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧