日記・コラム・つぶやき

2016年7月29日 (金)

大高・大女・宇高・宇女合格のための高校入試分析

先日、栃木県教委から今春の県立高校入試の分析結果が
発表されました。

今春の入試はどの高校も合格最低点が大幅に下がったよ
うで、かなり難化しました。科目別に見ると、国語の記述問
題で、書く字数が大幅に増えました。思考力,・応用力を問う
傾向がますます強くなっています。

次に数学ですが、昨春に引き続きかなり難しかったです。
県教委の発表によると、大問6の最終設問の正解率は2年
連続で0%でした。1000人に一人も正解しない問題を立て
続けに出題する県教委の姿勢には疑問も感じますが、難し
い問題でも食らいつける生徒が今後育って欲しいという県
教委のメッセージとも取れる出題です。

2020年の大学入試改革を考えると今後は数学が易化する
ことはないでしょう。早めに基礎学力を固め,応用問題を積
極的にトレーニングすることが必要になります。

英語は自由英作文が3文から5文に変わりました。また長
文の中の設問に英語で答える問題もありました。英検が四
技能(読む,聞く,話す,書く)を重視する傾向に変わったのと同
様に、今まで軽視されていた「英文を書く」ことが今後ますま
す重視されると思います。

社会は昨春の簡単な問題とは打って変わり、説明問題を中
心にかなり難化しました。単純暗記しかできない生徒は苦戦
したことでしょう。理科も同様です。

来週の入試に関して黒磯高校が特色選抜で合格させる割合
を30%から20%に変更する旨の発表がありました。今後黒
高が学力重視で選抜していくことの一つの表れだと思います。

勉強しない生徒はふるい落とされる傾向が強くなっている厳
しい時代です。勉強を通じて自分で未来を切り開いていける
強い生徒を育てていけるよう日々指導に当たっていきたいと
思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

宇高・宇女・大高・大女合格のための確認テスト

当塾の中学部では宿題をやってきたかノートチェックを
していません。代わりに確認テストを行っています。

・確認テストのメリット

どんなに塾で授業を受けてもそれだけで問題が解ける
ようにはなりません。それを定着させるためには必ず自
学演習が必要です。宿題をやってきたかノートチェック
だけで済ませると、作業としてこなすだけの宿題をやる
生徒が必ず出てしまいます。

また確認テストは合格点があるため、どうすれば合格
できるか考えながら勉強するようになり、自分の頭で考
えるきっかけになります。

さらに確認テスト形式ですと簡単にできるような問題を
何回もくり返す必要がなくなります。人によってできる
問題は違うのですから、やる必要のない問題は解か
なくてよいのです。

授業前や休み時間もテストに備えて勉強する生徒も多
く、教室にピリッとしたよい緊張感が生まれます。
 
・確認テストのデメリット

しかし確認テストも万能ではありません。追試になる
のが嫌で、努力をせずカンニング等でごまかす子も残
念ながらいます。(当塾では確認テストでの不正行為
は厳正に対処しています)

また成績を上げたいという気持ちが弱い子は確認テス
トに合格できなくても抵抗がありませんので結果として
成績が上がりにくくなります。

結局、成績を上げたいという強い気持ちで、確認テスト
に合格できるよう日々努力を重ねることが成績を上げる
一番の方法なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

大学合格体験記

先日、見事に大学合格を果たした大田原女子高校のYさんから
当塾で学んだ感想を寄稿してもらいましたので掲載いたします。


============================
私は、中学二年生から、大学受験を終えるまでの約五年間、
本松学習塾にお世話になりました。


高校生の勉強は、中学生の頃の勉強とはまた違うものになります。
宿題の量が減り、予習復習も自分でやらなければいけません。
成績は定期テストの点数で大きく左右されます。もちろん内容も
難しくなっていくので、自主学習は中学生の時以上に重要です。
そんな高校の勉強スタイルに不安を感じたので、私は高校に入っ
ても塾に通い続けることを決めました。


本松学習塾の高校生の授業は個別指導で、先生が一人ひとり丁寧
に見てくださいます。また、自習室には、高校生専用席が用意さ
れているので、授業の前や、自分が利用したい時に使うことがで
きます。高校二年生までは、塾を利用して、授業の復習や、定期
テストの勉強をしていました。中学生の時からお世話になってい
る先生なので、私の苦手科目や得意科目を把握していて、いつで
も私に的確なアドバイスをしてくださいました。


一番お世話になったのは、やはり大学受験の時です。志望校や今
の自分の実力から、勉強する科目の優先順位を決め、勉強計画を
立てました。一ヶ月毎にチェックをし、どこまで達成できている
か、計画に無理はないかなど、先生と話し合いました。私はセン
ター試験で5教科7科目受けることを決めていたので、勉強しな
ければいけない科目が多かったのですが、先生のおかげで、自分
のやるべき勉強に専念することができました。


受験に関する相談をする時、厳しい言葉をかけられることもあり
ました。塾の先生としてだけでなく、人生の先輩としてのアドバ
イスをしてくださることもありました。その言葉は、勉強に疲れ、
投げやりになりそうになる私の心を、また引き締めてくれました。


大学受験は期間も長く、精神的にも大変です。そんな時に相談で
きる人が1人でも多くいるということは、とても大きな心の支えに
なります。今こうして、納得のいく進路に進むことができるのは、
塾に通い続けたからだと思います。勉強を継続する力を、塾から
もらいました。本当にありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

大田原高校・大田原女子高からの大学入試

当塾の高3生の快進撃が続いています。

センター利用入試、個別入試ともに希望の大学の合格を

勝ち取っています。

残るは国立前期日程。


模試の点が伸びず、何度も作戦会議やったけど、

もうすぐ決戦です!

悔いのないように全力を尽くせ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月25日 (月)

宇高、宇女、大高、大女を目指す中1、中2生のみなさんへ

中1生、中2生のみなさん。

特に大手塾の最上位クラスの下の方の生徒さん

2番目のクラスの生徒さん

宇高、宇女、大高、大女に合格するのに、いつ逆転する

つもりですか?

同じことをやっていたら、大幅な成績のアップはおこりません。



ごまかさずに自分の弱点をつぶしていく当塾での努力で

今の状況を逆転できます。

当塾の指導

①徹底した原因追究→できるまで繰り返し

問題演習の後、一問一問ごまかさず、できたふりをせず

原因追究する。 ここで原因追究が甘いと塾長の突っ込みが

入ります。

授業を聞いているだけで成績が上がるわけないのは

みなさんの方がよくわかってると思います。


②定期テスト重視

入試と定期テストは違いますが、定期テストを軽視すると

塾での勉強も定期テストの勉強もどちらも中途半端で終わります。

当塾では定期テスト前に1日勉強会等を実施。カリキュラムを

こなすことより定着させる方がはるかに大事です。

上すべりせず、腰を落ち着けて指導します。


③演習重視

わかるとできるは違います。わかったことができるように

なるためには大量の問題演習をするしかありません。

黒板での解説は要点をわかりやすく短時間で

終え、残りの時間を演習時間にあてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

下野新聞 chuサポに塾長が寄稿

先日発行された下野新聞 CHUサポに

塾長が寄稿しました。

高校受験生に向けたメッセージです。


Ccf20160623

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

私立高校全員合格!

私立高校入試の結果が出ました。


全員合格です!


あれだけ冬期講習頑張ってきたので希望レベルの学科に

合格できた生徒がほとんどだったことを誇りに思います!

入試は準備がすべてす。

準備に終わりはありません。

準備できたと思っていても意外にできたいないものです。


栃木県公立入試まであとわずか!

全力で駆け抜けよう!

 

長年、本松学習塾で培ってきた県立対策でさらに準備を
完全なものに近づけていきます!

めざせ!

全員第1志望合格!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

当塾の宿題

宿題を出す塾と出さない塾があります。

当塾の中学生には宿題を出していますが、

きちんとやってきたか、いちいちノートチェック等はしません。

では、どうやって定着したか確認するかというと前回の授業内容や

英単語等を小テストという形でチェックしています。


このテスト、合格点に達しないと再テストになります。

テスト内容は前回教えた内容と全く一緒です。


しっかり復習すれば必ず合格できる内容です。

確認テストに合格するかどうかと頭の善し悪しとは関係ありません。


ただきちんと誠実に復習したか。


その一点だけが重要です。

【満席情報】

中学生 グループ指導 残席 各学年4名前後

中学生 個別指導 満席 (応相談)

高校生 個別指導 若干名募集

小学生 個別指導 曜日により満席あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

三島中・西那須野中・箒根中・塩原中 中間テスト終了

西那須野地区の中学校の中間テストが終わりました。

次の期末テストまで3か月の期間があります。

テストが終わったら結果に一喜一憂することなく

次のテストにつなげなければなりません。

ということで

今回のテストの分析・反省

・学習量・学習方法の改善

を必ず行いましょう。


何ができなかったのか

なぜできなかったのか

何を改善すればよいのか

ということを自分で見直しましょう。

 

また

学習量は十分だったか。

学習方法は適切だったか。

についても反省が必要です。

その上で日々の学習の改善につなげてください。


【満席情報】

中学生 グループ指導 残席 各学年4名前後

中学生 個別指導 満席 (応相談)

高校生 個別指導 若干名募集

小学生 個別指導 曜日により満席あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

三島中・西那須野中・箒根中・塩原中 中間テストのために

来週から前期中間テストが行われる学校が多いです。

素晴らしい結果を出せるように頑張りましょう。

・1週間前にやるべきこと

前回の定期テストの反省点を確認しましょう。

前回と似た問題を同じように間違えたら進歩がありません。

理解してなかった問題、時間不足だった問題(なぜ時間が足りなくなったかも重要)

確認しましょう。


・前回の自分を越えるために

当塾では定期テストの目標を「自己ベストの更新」においています。

過去最高の学年順位、過去最高の点数。

勉強は他人との闘いの前に自分との闘いです。

過去の自分を乗り越えて少しでも進歩した結果を出せるように

精進しましょう。

テストでいい結果をおさめるには、それなりの準備が大切です。

残りわずかな時間を有効活用してください。



【満席情報】

中学生 グループ指導 残席 各学年4名前後

中学生 個別指導 満席 (応相談)

高校生 個別指導 若干名募集

小学生 個別指導 曜日により満席あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧